Movie Report

MORE

JCI大阪プロモーションムービー

本年度の事業報告

MORE

2月度公開例会

2016.02.08
帝国ホテル大阪
2016年2月8日(月)19時より、帝国ホテル大阪3階孔雀の間にて『2月度公開例会』を開催いたしました。 冒頭の城阪理事長からご挨拶させていただきました。 元サッカー日本代表選手で現財団法人日本サッカー協会理事の北澤豪様に、現役時代のお話を中心に日本代表チームや現役時代所属されたヴェルディの強さの源としてのチームワークについてご講演いただきました。 観客を巻き込んで場の空気を支配し、打ち解けたものとしていくところは世界を舞台に戦ってきた一流選手としての経験や力量に裏打ちされたものと感銘を受けました。 城阪理事長とのトークセッションでは、現在、発展途上国を中心にサッカーを通じて行っておられる社会貢献活動についてはお話しいただきました。 トークセッションの後、...

理事長ごあいさつ

一般社団法人 大阪青年会議所 第66代理事長

城阪 千太郎

誠心響き合う共創都市大阪の実現

 挑戦と挫折、その繰り返しのたびに、個人の無力さを知り、チームの中で生かされている自分を感じ、チーム一丸となって挑むことの強さを実感した。周囲に生かされているという事実、それはフィールドから社会に舞台が移ろうとも変わらないことだった。私利私欲のために個人で挑むのではなく、公のために同志の力を束ねて立ち向かわなければならない。誠心を胸に取り組めば、道は拓かれ、必ずや周囲が動き出し、社会は変わる。

 「誠心」、それは、「自らと向き合い、万物に感謝し、公に資する心」。

 私は、誠心を基軸に、常に自らを位置づけ、常にすべてを受け止め、常に公に向き合いたい。第二の戦後と言われる今だからこそ、周囲への優しい心と公への強い心の響き合うしなやかな誠心を取り戻し、連帯感ある行動へと昇華させて、大阪と日本、そして世界の活力みなぎる未来を後世に贈り継ぎたい。

 日本は、戦後70年を経て奇跡的経済発展を遂げ先進国の一角を占めるに至りました。しかし、経済的、個人的価値に慣れ親しむあまり、日本人の心の拠り所として世界に誇るべき精神性である「誠心」を見失いつつあります。わが国を取り巻く環境は決して安穏としたものではなく、少子化と高齢化による人口構造の変化、財政悪化、近隣諸国をはじめとする国際社会との関係変化等、喫緊の課題を抱えています。いわゆる「大阪都構想」の是非を問う住民投票によって、大阪の人びとは、未来の選択一票の重みをかつて ...

続きを読む

メンバー紹介

会員開発山本委員会

田中 克憲

JCI大阪に入会しなければ、出会わなかったであろう仲間・友人を紹介してください。

私が大阪青年会議所に入会した動機は、青年経済人の集まりの中で自己の成長を図りたいというものでした。 入会して感じたのは、確実に成長できる機会を提供してもらえる団体であり、同じ目的の元、仲間と共に色んな価値観を共有、尊重しあいながらまちの発展や、問題の解決について人ごとではなく、自分事として捉えて取り組む事により気が付けば、友情が芽生えてしまっているという何とも不思議な感覚です。 私が入会して...

感性価値室 感性コミュニケーション確立委員会

岡本 英俊

JCI大阪に入会したことによりご自身のビジネスにどのような良い影響がありましたか。

大阪青年会議所にはお世話になっております、税理士の方からの紹介で入会することになりました。大阪青年会議所に入会してたくさんの友人が出来、そこで知り合ったメンバーさんや、そのメンバーさんお知り合いを紹介していただきました。ビジネスとして儲かったかはさだかではないですが、お客様の層が入会前より質と数で増えたのは確かです。これからもよろしくお願いいたします。

PAGE TOP