Movie Report

MORE

OB現役交歓会

本年度の事業報告

MORE

第28回なにわ淀川花火大会 (M-1ボランティア翌日清掃)

2016.08.07
淀川河川敷
【第28回なにわ淀川花火大会 (翌日清掃)】 8月7日(日)7時00分、花火後の淀川河川敷をボランティアの方々と清掃しました。 第28なにわ淀川花火大会が無事終わりましたが、開催前よりも河川敷を綺麗にしようと多くのボランティアの皆様にご参加いただき清掃しました。 人の力はすごいものだと改めて実感しました。ゴミだらけだった河川敷がどんどん綺麗になっていきます。子どもたちも率先して活動にご参加いただきました。ありがとうございました。 また、今年から始まりました『M-1ボランティア大阪 第3回』が同時に開催されました。 毎月1回だけ自分以外の誰かのために行動してみようという運動です。企業の協賛もあり多くの方々にご参加いただきました。 清掃終了後、十三の「ホテルプラザオーサカ」にてM-1ボランティアのフォ...

理事長ごあいさつ

一般社団法人 大阪青年会議所 第66代理事長

城阪 千太郎

誠心響き合う共創都市大阪の実現

 挑戦と挫折、その繰り返しのたびに、個人の無力さを知り、チームの中で生かされている自分を感じ、チーム一丸となって挑むことの強さを実感した。周囲に生かされているという事実、それはフィールドから社会に舞台が移ろうとも変わらないことだった。私利私欲のために個人で挑むのではなく、公のために同志の力を束ねて立ち向かわなければならない。誠心を胸に取り組めば、道は拓かれ、必ずや周囲が動き出し、社会は変わる。

 「誠心」、それは、「自らと向き合い、万物に感謝し、公に資する心」。

 私は、誠心を基軸に、常に自らを位置づけ、常にすべてを受け止め、常に公に向き合いたい。第二の戦後と言われる今だからこそ、周囲への優しい心と公への強い心の響き合うしなやかな誠心を取り戻し、連帯感ある行動へと昇華させて、大阪と日本、そして世界の活力みなぎる未来を後世に贈り継ぎたい。

 日本は、戦後70年を経て奇跡的経済発展を遂げ先進国の一角を占めるに至りました。しかし、経済的、個人的価値に慣れ親しむあまり、日本人の心の拠り所として世界に誇るべき精神性である「誠心」を見失いつつあります。わが国を取り巻く環境は決して安穏としたものではなく、少子化と高齢化による人口構造の変化、財政悪化、近隣諸国をはじめとする国際社会との関係変化等、喫緊の課題を抱えています。いわゆる「大阪都構想」の是非を問う住民投票によって、大阪の人びとは、未来の選択一票の重みをかつて ...

続きを読む

メンバー紹介

会員交流室 国際渉外委員会

里内 博文

あなたの理想のまち大阪とは

私は、自分の地元である大阪に貢献する活動を通して、多くの先輩、仲間と知り合えることが出来るのであればこんな最高なことは無いと思い、大阪JCへの入会を決意しました。私が貢献したいと思う大阪とはどんなまちなのか、どんなまちであって欲しいのか。我々若い世代が、旧来の考えにとらわれること無く、次々と新しい波を世界に発信していくことのできるまちであって欲しい、そんなまちが理想だと考えています。新しい波とい...

総務室 総務財政委員会

叶 裕一

あなたの理想のまち大阪とは

犯罪率が高い、生活保護受給者が多い、待機児童数が多い、失業率が高い。現在大阪のまちには色々な問題があります。では、これらの問題が解決されれば大阪は理想のまちになるのかと言えば、これからも新たな問題は出てくるだろうし、そもそも私の考える問題解決と、隣人の考える問題解決が一致するとも限らないので、個々の問題解決が理想のまちにつながるとは言えません。ただ、これからも起きてくるだろう様々な問題について...

PAGE TOP