1. トップ
  2. 活動案内
  3. 世界平和のために
  4. Global Academy Osaka
  5. PCYアーカイブ

私たちの活動

Global Academy Osaka PCYアーカイブ

世界学生平和憲章

私たち、Peace Conference of Youth (PCY) のメンバーは、団結と連帯の精神にのっとり共に行動すること、他の全てのメンバーと知識やアイディアを共有するための機会を十二分に活かすこと、対話を促進すべく全てのメンバーが発言すること、開かれた心と柔軟さを持って他者の意見に熱心に耳を傾けること、相違と譲歩の双方を受け入れながら、尊敬と共感を持って私たちの仲間と接すること、そして信頼、楽観、率先、責任を持って実行することをここに宣言します。私たちは、一人ひとりの個人として、“PCYコミュニティ”において積極的に参加すること、私たちのコミュニティや世界中の仲間と共に、自身の経験や価値観を共有すること、そして平和構築と開かれた意見交換の場を展開・継続することを、ここに表明します。 私たちは、現在世界で最も深刻である具体的な問題に関心を向けつつ、人権を保障し促進することを誓います。

● 紛争と兵器 ● 開発と貧困 ●環境 ● ガバナンス ●保健衛生 ● 弱者の権利

これらの課題を乗り越え平和を追求することを強く望むことから、相互理解、寛容、協力の精神を持ってあらゆる人に開かれた意見交換の場を展開するため、公式、非公式を含む教育へのアクセスとその価値を高めるため、自己の可能性を十分に理解して自己開発・自己実現することへの欲求を誰もが現実にするため、職業訓練と雇用創出を促進するため、十分な主張の機会がない若しくは恵まれない立場にいる人々の意見も汲み取り反映するため、限りある資源を、責任を持って使用し資源の浪費を防ぐため、企業が企業の社会的責任に関する活動を着手・展開することを奨励するため、個人・市民社会・企業・政府など全てのアクターが環境保護に関する自覚を持つことを啓発するため、革新的で持続可能な技術に投資・開発することを促進するため、そして武力紛争に対する予防策・解決策を提案・支持するために、 私たちは共に語り合った仲間や未来のPCY参加メンバーと協力してパートナーシップを築き、そして、これを結束したコミュニティとして実現し強化するために、議論の場を発展させ、拡大していきます。 私たちは、自身の価値を高めることで、リーダーとなるべく自己を成長させ、社会のあらゆるレベルにおいて、他者を動機付け、喚起し、平和の追求のために共に行動します。

2010.11.7 PCY 2010 参加メンバー 一同

The Charter of PCY

We, the members of the Peace Conference of Youth, resolve to work together in a spirit of unity and solidarity, to fully take advantage of the opportunity to share knowledge and ideas with all other members, to include all members in supportive dialogue, to maintain an outlook of open-mindedness, flexibility, and eagerness to listen to others, to approach our fellows with respect and empathy, embracing both differences and compromise, and to act with confidence, optimism, initiative, and responsibility.

We commit as individuals to active participation in the PCY community, to sharing our experiences and values with our communities and around the world, and to continuing the work of peace-building and open dialogue. We pledge to protect and promote human rights, devoting our attention to the specific issues we currently find most serious in the world:

●Conflict and Weapons ●Development and Poverty ●Environment ●Governance ●Health ●Rights of the Vulnerable

To address these issues in the pursuit of world peace, we resolve to enhance open dialogue in the spirit of mutual understanding, tolerance, and cooperation; improve access to and quality of both formal and informal education, informed by a dedication to the development of personality and self-actualization; support job creation and vocational training; enhance participation in society of the underrepresented and disadvantaged; coordinate efforts in order to use resources responsibly and avoid redundancy; incentivize social responsibility and environmental consciousness of all actors, including individuals, civil society, corporations, and governments; develop and invest in innovative and sustainable technologies; and initiate and support efforts toward the prevention and resolution of armed conflicts. We will forge a partnership between alumni and future conference participants, and develop and expand forums of communication for the realization and enrichment of a cohesive community. We empower ourselves to be leaders in the furtherance of our values, at all levels of society, motivating and organizing others to advocate and act alongside us in our pursuit of peace.

2010.11.7 PCY 2010 参加メンバー 一同

PAGE TOP