1. トップ
  2. 私たちの活動
  3. 大阪の未来を拓くプロフェッショナルたち

私たちの活動

未来を拓くプロフェッショナルたち

プロフェッショナルたち

ソプラノ歌手 
増田 いずみ

ソプラノ歌手
増田 いずみ

ソプラノ歌手 日本におけるクラシック音楽とポピュラー音楽のクロスオーバー(ジャンルを超えて音楽性を融合させるスタイル)の草分け的存在 増田 いずみ(マスダ イズミ)

増田いずみ プロフィール

宮崎県日南市出身。山口県下松市立下松中学校、山口県立光丘高等学校を経て国立音楽大学及び同大学院オペラ科を修了、伊藤京子に師事した。1997年に文化庁オペラ在外研究員に選ばれ、3年間ニューヨークのジュリアード音楽院に留学し、ダニエル・フェロウに師事した。またこれと並行してハンター大学では演劇を学んだ。 この留学中にオペラなどクラシックの楽曲に自ら詞をつけポップス風にアレンジして歌う活動を開始した。現在こうしたスタイルは「クラシカル・クロスオーバー」と呼ばれることが多いが、彼女自身は「ポップ・オペラ」という用語を用いている。2000年に帰国するとライブハウスを中心に自身のスタイルでの活動を開始した。 2001年に宮本亜門演出のミュージカル『キャンディード』でヒロイン役を務めた。翌2002年には彼女の歌声に感銘を受けたエンニオ・モリコーネからオリジナル曲「ロマンス」の提供を受けた。これがNHKの大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』の挿入歌に起用されたことで広くその名を知られるようになった。2003年5月には『スタジオパークからこんにちは』に出演した[2]。また、2004年には『ファイナルファンタジーXI プロマシアの呪縛』のエンディング曲「Distant Worlds」のボーカルを務めた。 2003年3月に『ヒール・マイ・ハート』でアルバム・デビュー。タイトル曲は映画『クイール』の挿入歌に採用された。2004年10月には『レッドスワン』を、2005年10月には『ROMEO & JULIET』をリリースした。 2004年に文楽の次代を担うひとり・豊竹咲甫太夫さんと、浄瑠璃とオペラの共演をきっかけに結婚。出産を機に大阪へ移住し、2人の息子さんの子育てと、おかみさん修業に専念する日々をスタートさせたのです。

音楽とはどのようなものでしょうか?

「人との繋がり」である。一人では何も生まれない、一緒に演奏してくれる人や観客がいることによって音楽が生まれるものだということ、そして誰の真似もせず自分らしさを追求していくことです。

仕事の流儀

増田いずみさんの音楽とは「人との繋がり」である。一人では何も生まれない、一緒に演奏してくれる人や観客がいることによって音楽が生まれるものだということ、そして誰の真似もせず自分らしさを追求していくことです。

原体験となったものは何でしょうか?

矢沢栄吉の「成り上がり」という本に影響を受けました。 私は小さいころ母親に習い事や生活のことを厳しく育てられその通り生きていかないといけないと思ってました。 そんな中、中学3年生の時にこの本に出会い自分の人生は自分で決めると強く思ったのがきっかけでした。

子どもたちへのメッセージ

『自分の好きなことだけをやってほしい』最近の子ども達は平均的に全てこなせないとダメという教育ですが苦手な事があり得意な事があったほうが良い、自分の好きなことを頑張ってください!

オフィシャルサイト  http://www.masudaizumi.com/

増田 いずみさんの最新の活動状況

プロフェッショナルたち

協力団体・企業

PAGE TOP