1. トップ
  2. 私たちの活動
  3. 大阪の未来を拓くプロフェッショナルたち

私たちの活動

未来を拓くプロフェッショナルたち

プロフェッショナルたち

ゴスペルシンガー 
新井 深絵

ゴスペルシンガー
新井 深絵

ゴスペルシンガー  新井 深絵(アライ ミエ)

新井深絵 プロフィール

力強い歌声と温かさ、そして笑いの絶えないステージで、多くのファンを魅了する大阪出身のシンガー。抜群の歌唱力で幅広いジャンルの音楽をこなし、作詞作曲も手がける。歌に込められた「勇気を出して一歩踏み出そう!」というメッセージに元気づけられる人は多い。 1999年ゴスペルと出会う。New YorkやChicago、Minneapolisで本場のゴスペルを体験し、人間の奥底にある力に魅せられていく。2005年にはGospel Awardsでベストソリスト賞を受賞。 2006年3月にはNew Yorkでゴスペルシンガー・ドリンダ・クラークコールの前で熱唱し、本人から”Dorinda’s sister!”という賞賛を受けた。同年4月には「カーペンターズ」のリチャード・カーペンターの前で歌い賞賛を受けている。また、グラミー賞受賞「サウンズ・オヴ・ブラックネス」プロデューサーのゲイリー・ハインズからも、その歌唱力は認められている。 教職についていた経験を生かして教育関連の講演会や学校公演も行っている。幼児・小学生の英語教室では、子供たちにゴスペルを教え、そのキッズクワイア「Sweet Smile」が、2007年大人のゴスペルコンテストで最優秀賞受賞。 また、ハンデのある子ども達との参加型コンサートも積極的に行っている。 小さい頃から韓国舞踊を身につけ、韓国古謡も歌う。2007年8月には、その韓国古謡や、ゴスペル・ソウル曲等を収録したアルバム『Mihye(みへ)』を出版。2010年7月にはオリジナルだけをまとめたニューアルバム「あなたの言葉」が発売。 元気のない子供たち、涙を固めてしまう大人たち、みんなで同じ時間を、と「心元気に」をテーマにソウル・ゴスペルコンサート「Mihye(みへ)の風」をホールで定期的に行っている。

ゴスペルとはどのようなものでしょうか?

ゴスペルとは苦しいときの出会いであり支えでもあり背中を押してくれて心に余裕を持たせてくれる存在、ゴスペルを通して生きがいや元気をもらっているとおっしゃってました。

仕事の流儀とは?

楽しく歌うだけでなくて黒人達が自分の人生をかけて歌っているゴスペルに敬意を払って歌わなければならないと思ってます。聞いてもらう人に元気になってもらったり周りの皆に元気を伝えて頂ければなと思ってます。

原体験となったものは何でしょうか?

交通事故にあって病院でテレビを見て日本人がゴスペルを歌っているのを聞きこれだと思った。後ろ向きな人生だったのが前向きになり、もう一度頑張ってみようと決意し失敗を恐れず一歩踏み出そうと思いました

子どもたちへのメッセージ

①自分は一人じゃないと思って欲しい。②自分が変わらないと周りは変わらないので自分が一歩踏み出してほしい

オフィシャルサイト  http://www.araimie.com/

新井 深絵さんの最新の活動状況

プロフェッショナルたち

協力団体・企業

PAGE TOP