1. トップ
  2. 私たちについて
  3. 団体概要
  4. 室方針・委員会事業計画

私たちについて

室方針・委員会事業計画

会員増強室

室長
平井 直哉
室テーマ

270万人を熱狂させるリーダーを生み出そう!

テーマの背景と室の担う運動

 ラグビーワールドカップの開催や、世界万国博覧会の誘致など、いま大阪は再び熱狂しようとしています。どう生きるのかという使命と確固たる哲学をもって、青年らしく生命の炎を燃やし直向きに生きる、大阪に住み暮らす270万人を熱狂させる人材が必要です。

 そのために、先人から受け継がれたきた組織や活動に誇りをもち、新たな時流を生み出す自らの役割を認識し、互いを磨き続ける関係性を構築し、失敗を恐れずに挑戦する直向きな行動力を有し、人びとを熱狂させる素直な心を拡げていくリーダーをあふれさせます。

 私たちは、周囲との目に見えないつながりの中で存在することを理解し、いつの時代もまちの未来のために活動してきた組織の価値を感じ取り、己のためだけではなく他者のために尽くす仲間の存在に気付く意識を高めていきます。そして、自己成長を自らのためだけではなく他者の幸福のためととらえ、まちに共感を生み出す組織の政策を自らが効果的に発信し、侃々諤々と青年らしく素直な心で仲間に向き合う意欲を高めていきます。また、社会の評価や時流を気にすることなく自らの想いを志へと昇華させ、新たに出会う人びとやすべての経験に感謝し、共に行動を続ける仲間の尊い想いを真正面から受け入れる意志を確立していきます。さらに、何事にもとらわれずに率先して勇気ある行動を選択し、自らの掲げる常にひとつ先の高いハードルへ挑戦を繰り返し、誰にも負けない努力で仲間の成長を支え続ける気概を醸成していきます。そして、自らが想い描く理想の未来の姿に向けて新たな一歩を踏み出し、仲間との熱狂の中から見出した輝かしい未来へ挑戦し続け、より良い未来に向けて人びとに熱狂を拡げていく根源となるメンバーを増やしていきます。

 私たちは、組織や活動に誇りをもち、新たな時流を生み出す役割を認識し、互いを磨き続ける関係を構築し、挑戦し続ける直向きな行動力を有し、人びとを熱狂させる素直な心を拡げるリーダーをあふれさせ、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

会員開発特別委員会
特別委員長
平井 直哉
委員会の担う運動と事業の進め方

 私たちは、他者のために尽くす仲間の存在を認識し、自己成長を他者の幸福のためととらえ、新たに出会う人びとや経験に感謝の念を抱き、何事にもとらわれず率先して勇気ある行動を選択し、想い描く理想の姿に向けて新たな一歩を踏み出すリーダーを育成します。

 そのために、新たな人びとと出会う場において、いつの時代も公に貢献してきた組織の存在や方向性について触れる機会を提供することで、好機を迎えているまちの未来を担っていく主体者として求められている圧倒的な期待感を感じ取ってもらいます。そして、組織の一員として他者のために尽くす一歩を踏み出す挑戦を様々な価値観や可能性をもつ仲間とともに体感することのできる機会を幾度となく提供することで、仲間と向き合い互いを磨き続けることのできる青年らしい直向きな行動の中から自らの確かな成長を感じ取ってもらいます。また、組織とまちとの関係や自らの何気ない活動が多くの人びとやつながりによって支えられて成り立っていることを知る機会を提供することで、より広く周囲の人びとへ想いを巡らせ270万人を熱狂させることのできる素直な心の可能性に気付いてもらいます。さらに、時流にとらわれない組織の在り方を模索し、まちに共感を拡げていく場を仲間とともに侃々諤々の議論で創り出していく機会を提供することで、誰よりも率先してまちの未来のために行動し続ける自らの使命と哲学を見つけ出す意欲を湧き立たせていきます。そして、同じ目的に向かって誰にも負けない努力で一切妥協のない挑戦と失敗を繰り返してきた仲間の尊い想いを受け入れる機会を提供することで、自らの輝かしい未来にむけて青年らしく熱狂する新たな一歩を踏み出す大胆な行動力を醸成していきます。

 私たちは、他者に尽くす仲間の存在を認識し、自己成長を他者の幸福のためととらえ、人びとや経験に感謝の念を抱き、率先して勇気ある行動を選択し、理想の姿へと新たな一歩を踏み出すリーダーを育成し、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

会員資質向上委員会
委員長
古賀 大介
委員会の担う運動と事業の進め方

 私たちは、受け継がれてきた創始の志を理解し、時流を気にせず自らの想いを発する意志をもち、互いを真正面から受け入れる関係を構築し、誰にも負けない努力で仲間を支える気概を有し、仲間との熱狂の中から見出した未来へ挑戦するメンバーをあふれさせます。

 そのために、いつの時代も変わることなくまちに求められてきた組織の歴史や先輩諸氏の想いに触れることのできる機会を提供することで、自らもまちの中核を担う組織の一員として公に貢献する志を受け継いでいく必要性を知ってもらいます。そして、政策や組織の方向性を発信する多くのまちの人びとが集う場において、自分たちの掲げる理想を臆することなく発信し続ける機会を提供することで、社会の評価や時流を気にせず青年らしい政策と大胆な行動でまちの未来に向けて貢献していく意欲を沸き立たせていきます。また、組織の方向性や政策を築き上げていく侃々諤々の議論で仲間の想いを受け入れることのできる未来志向な場を提供することで、圧倒的な期待感をもたらす時流を生み出すことのできる発想力と行動力の源となる素直な心の存在に気づいてもらいます。さらに、すべての仲間と向き合い同じ方向性を共有するための場において、それぞれの背景や現状から生じる立場の違いをこえて共に熱狂していく想いを共有することで、まちの中期的な好機にむけて人びとを熱狂に導くことのできる青年らしい直向きな行動力を養っていきます。そして、誰一人手を放すことなく一年間共に熱狂してきた仲間の尊い想いやそれぞれの活動を素直な心で称え合う場を創出することで、大阪に住み暮らす270万人を熱狂させる根源として、使命と哲学に従ってさらなる挑戦を繰り返していくメンバーをあふれさせます。

 私たちは、創始の志を理解し、時流を気にせず想いを発する意志をもち、互いを受け入れる関係を構築し、誰にも負けない努力で仲間を支え、熱狂の中から見出した未来へ挑戦し続けるメンバーをあふれさせ、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

政治経済室

室長
刀祢 達哉
室テーマ

民間主導の経済成長で日本再生を牽引しよう!

テーマの背景と室の担う運動

 成長戦略の成果により一筋の光が見えている現在、デフレーションから完全に脱却し、アジアの中核都市として存在感を発揮する好機を迎えています。正しい知識にもとづいた市民輿論を確立し、東西二極の一極として民間主導の経済成長を実現する必要があります。

 そのために、世界や日本において大阪が果たしてきた役割を理解し、政治や経済に対する正しい知識を有し、日本再生を牽引する都市の成長戦略を想い描き、經世濟民を自らが率先して実践し、誰もが豊かさを享受できる経済成長を実現へと導く人びとを創出します。

 私たちは、歴史の中で受け継がれてきた資産の価値を見出し、都市の現状を俯瞰的にとらえる広い視野をもち、大阪文化を形成する精神性が自らにも備わっていることを認識する意欲を高めていきます。そして、自らが住み暮らす都市を取り巻く環境への関心をもち、あふれる情報の中から事実にもとづいた現実を把握し、日常の中で起きている何気ない事象の本質を理解する力を育んでいきます。また、かつて日本経済を牽引した都市が抱える課題の解決に必要な要素を的確にとらえ、大阪経済に差し込む一筋の光が照らし出す理想の姿に目を向け、それぞれの立場で果たすべき役割を全うした先にある社会を見出す感性を磨いていきます。さらに、目先の利益を優先することなく地域の未来を牽引し、理想の未来を創り上げる当事者としての責任を全うし、時流に流されることなく自らの意思で判断する気概を醸成していきます。そして、社会全体の利益を生み出す公器として素直な心をベースに経営し、官民一体の成長戦略実現への道を拓く輿論を形成し、個と公を調和させた生成発展による経済成長の中核的な役割を積極的に担う人びとを創り出していきます。

 私たちは、果たしてきた役割を理解し、政治や経済の正しい知識を有し、日本再生を牽引する成長戦略を描き、經世濟民を率先して実践し、誰もが豊かさを享受できる経済成長を実現へと導く人びとを創出し、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

経済成長戦略委員会
委員長
森 祐輔
委員会の担う運動と事業の進め方

 私たちは、受け継がれてきた資産の価値を見出し、都市を取り巻く環境に関心を持ち、課題の解決に必要な要素を的確にとらえ、未来を見据えた持続的な成長を牽引する気概を有し、日本再生の中核として個と公を調和させた生成発展を実現する人びとを創出します。

 そのために、民間の力を主導し公の発展に貢献すると共に自身も発展を果たしてきた先人たちの歴史的な背景を知る機会を提供することで、先人たちの個と公が手を携え都市を創り上げてきた精神性が自身にも受け継がれていることに気づいてもらいます。そして、現在の社会経済を発展させた資本主義が、時代の経過によって多くの課題を生む原因となっていることに気づいてもらう機会を提供することで、直接関係する課題だけでなく都市を取り巻く環境も自らの未来と密接につながっている事象であることに関心をもってもらいます。また、変化の好機にある都市にあふれるあらゆる情報から課題の解決に必要な正しい知識にもとづく判断を実践する場を創出することで、同じ目的のもと行動を起こしたときの相互活動が幾多もある課題の本質の解決につながることを理解してもらいます。さらに、中長期的な視点からより良い都市の実現に使命感をもって行動している先駆者たちの熱い想いを間近で体感できる機会を提供することで、デフレーションからの完全脱却に向け誰もが豊かさを享受できる未来を自らの力で創り上げる意識を高めてもらいます。そして、都市の持続的な発展の一翼として、新たな試みがより良い社会へとつながっていく大きな可能性をもっていることを実感できる場を提供することで、世を經め民を濟うという精神性をもった日本再生の中核として経済成長を牽引する人びとを創り出していきます。

 私たちは、受け継がれた資産の価値を知り、取り巻く環境に関心を抱き、課題解決に必要な要素を的確に理解し、持続的な成長を牽引する気概を携え、個と公を調和させた生成発展を実現する人びとを創出し、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

市民輿論確立委員会
委員長
籔根 壮一
委員会の担う運動と事業の進め方

 私たちは、都市の現状を俯瞰的な視野でとらえ、日常の中で起きている何気ない事象の本質を理解し、日本再生を実現する理想の姿を想い描き、時流に流されることなく自らの 意思で判断し、民間主導の成長を実現する正しい市民輿論を牽引する人びとを創出します。

 そのために、先人たちが公に資する挑戦によって日本から世界へと新たな価値を創出してきた現状に至るまでの都市の成り立ちを知る機会を提供することで、未来を大きく左右する事象の中に存在する課題解決の好機が再び到来していることを理解してもらいます。そして、何気ない日常の中にある都市の未来に及ぼす影響について同じ地域に住み暮らす仲間と共に模索する機会を提供することで、自身の生活に密接に関係する行政の施策と結果の因果関係について関心を高めてもらいます。また、長期にわたり人びとに漠然とした将来に対する不安を与えてきた根幹にある課題を解決する好機を活かして機運を高める取り組みに携わる機会を提供することで、日本経済を牽引する都市の明確なビジョンを具現化していく主体者としての責任感を醸成してもらいます。さらに、未来に影響を与える可能性のある事柄について時流や形式的な二項対立にとらわれることなく人びとがもつ意見の本質を見極める機会を提供することで、他者に流されることなく自らの強い意思で今後の方向性を選択していくリテラシーを確立してもらいます。そして、行政と民間の為すべきことについての過去から受け継がれてきた経緯を踏まえて形成された識見から見出した日本再生に必要な經世濟民を広める機会を提供することで、政治と経済の正しい知識にもとづいて世論を輿論へと自らが率先して導く行動力をもった人びとを創り出していきます。

 私たちは、都市の現状を俯瞰的にとらえ、物事の本質を理解し、日本再生を実現する理想の姿を想い描き、時流に流されず己の意思で判断し、民間主導の成長を実現する正しい輿論を牽引する人びとを創出し、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

未来投資室

室長
島田 直樹

副室長
奥野 誠司
室テーマ

未来への投資で生きる力を育もう!

テーマの背景と室の担う運動

 新技術の発達で社会が変化し、多くの子どもや若者が将来に不安を感じている現在、すべての大人が圧倒的な期待感を与えなければなりません。今こそ、生きる力をもった子どもを育み、誰もが生涯を通じて成長し活躍できる社会を実現する未来への投資が必要です。

 そのために、誰もが生涯活躍できる社会を想い描き、子どもたちの未来に期待感をもたらす責任を自覚し、成長し続ける基盤となる健全な心身を築き、自己肯定感を育む正しい教育を自らが実践し、生きる力をもった子どもを社会全体で育む人びとをあふれさせます。

 私たちは、社会構造の変化と新産業革命が未来にもたらす好機を認識し、子どもを導く当事者として取り組むべき課題と向き合い、地域や立場をこえた共生で子どもたちの成長を支えていく意識を高めていきます。そして、誰もが分け隔てなく成長を続ける理想の未来を想い描き、生涯を通して活躍できる社会の実現に使命感を持ち、子どもの未来を照らす課題解決に主体的に取り組んでいく意欲を湧き立たせていきます。また、逞しい身体と素直な心を育んでいく環境を構築し、互いの違いをこえて切磋琢磨する関係を生み出し、自らが模範として持続的な成長への取り組みを実践していく気概を醸成していきます。さらに、一人ひとりの存在に価値があることを素直な心で肯定し、成功と失敗の中から子どもに自信を持たせる教育の在り方を追求し、誰にも負けない努力で成長を続けていく大切さを伝える行動力を高めていきます。そして、想い描いた夢の実現へ力強く踏み出そうとしている一歩を導き、共に生きる力を育む未来への投資を拡大させていく役割を担い、誰もが生きる希望に満ちあふれた生涯活躍社会を実現していく人びとを生み出していきます。

 私たちは、未来への期待感を与える責任を自覚し、生涯活躍社会の姿を想い描き、成長の基盤となる健全な心身を築き、自己肯定感を育む正しい教育を実践し、生きる力を社会全体で育む人びとをあふれさせ、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

未来投資拡大委員会
委員長
森髙 悠太
委員会の担う運動と事業の進め方

 私たちは、社会全体で子どもの成長を支える必要性に共感し、誰もが活躍できる社会の姿を想い描き、成長への取り組みを実践する使命感を携え、誰にも負けない努力の大切さを伝える行動力を有し、生きる力を育む未来への投資拡大を実行する人びとを増やします。

 そのために、子どもたちが一堂に会し挑戦する場において多くの人びとの支えが素直な心を兼ね備えた生きる力の礎となることを認識する機会を提供することで、地域や立場をこえた連携で互いの未来を拓く力を逞しい身体をつくる支えへと高めていく必要性を理解してもらいます。そして、困難な状況に置かれても決して諦めることなく成長を継続できる社会の実現に向けた可能性を見出す機会を提供することで、均しく成長できる姿への憧れを様々な場面でいつまでも活躍できる社会を構築する想像力へと昇華してもらいます。また、子どもの手本として理想の未来に向けて生涯を通して健康を保ち成長する取り組みに積極的に参加できる機会を提供することで、誰もが成長を続け活躍できる理想の未来の実現に向けた行動を起こす意欲を高めてもらいます。さらに、人びとと競い合う中で成し遂げる達成感や挫折感をさらなる成長への糧とする気概を子どもと共に分かち合う機会を提供することで、未来を生きる子どもがこれからの社会で活躍するには誰にも負けない努力で自らを磨き続ける必要があることを伝えていく責任感を携えてもらいます。そして、すべての大人が圧倒的な期待感を与える成長を続けて活躍することが子どもの生きる力を育むことを実感する機会を幾度となく創出することで、生命の炎が燃え尽きるまで活躍し続けるための基盤となる逞しい身体を育む環境を構築する行動力を身につけてもらいます。

 私たちは、成長を支える必要性に共感し、誰もが活躍できる社会の姿を描き、生涯成長の取り組みを実践する使命感を携え、努力の大切さを伝える行動力を有し、未来への投資拡大を実行する人びとを増やし、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

教育再生実行委員会
委員会の担う運動と事業の進め方

 私たちは、自らが子どもを導く当事者であることを認識し、課題解決に取り組む役割を理解し、素直な心を育んでいく環境を構築する気概を携え、一人ひとりの存在が有する価値を見出し、生きる希望に満ちあふれた生涯活躍社会を実現していく人びとを創出します。

 そのために、子どもの健全な成長に影響を与える環境は自らの成長する姿が大きく関わっているという事実を知る機会を提供することで、生涯を通じて課題解決に向けて率先して行動していく姿勢が子どもの教育に最も重要であると認識してもらいます。そして、立場や世代の異なる人びとが一堂に会する場において互いの教育に関わる取り組みや抱えている課題に関しての情報を共有する機会を提供することで、地域の大人たちが他人任せにせず自身の目の前にある子どもを取り巻く課題の解決へと取り組む必要性を理解してもらいます。また、他者と比較されることが現状となっている現代の教育環境が抱える課題が子どもたちに将来引き起こす影響を学ぶ機会を提供することで、教育現場のみだけではなく日々の生活の中で一人ひとりの存在価値を受け入れていく気概を携えてもらいます。さらに、大人の価値観を押し付けず子どもの持ち合わせる個性や特徴を長所として伸ばすことが健やかな成長に必要であるということを学ぶ機会を提供することで、子どもの無限の可能性を見出せる自己肯定感を育める教育を施していく力を身につけてもらいます。そして、正しい教育のあり方を議論する場においてすべての大人が生涯を通じて学び続けていく重要性を実感する機会を提供することで、将来においてどのような環境下でも自らの未来を他者に委ねることなく常に課題解決へと挑んでいく行動力を湧き立たせてもらいます。

 私たちは、子どもを導く当事者としての自覚をもち、課題に取り組む役割を理解し、素直な心を育む環境を築く気概を携え、個々の存在の価値を見出し、希望にあふれた生涯活躍社会へと導く人びとを創出し、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

世界変革室

室長
植松 康太
室テーマ

世界を変革する突き抜けた人材を大阪から!

テーマの背景と室の担う運動

 行き過ぎたグローバリズムにより様々な問題が生じ、すべての人びとが幸福を追求することが困難になっています。今こそ、自国の歴史や文化に誇りを抱き、既知と既知の融合から次なる革新を生み出し、人類に真の進歩と調和をもたらす突き抜けた人材が必要です。

 そのために、生まれた国や地域への誇りをもち、人類を進歩させる新たな技術を認識し、異なる事象の融合から新たな価値を生み出す気概を携え、世界の未来を明るく照らす使命感を有し、誰もが幸福を追求できる世界を次なる革新により実現する人材を創出します。

 私たちは、日本や大阪の歴史や培ってきた文化を認識し、受け継がれてきた固有の精神性を感じ取り、日本人が元来持ち合わせている素直な心を育んでいく意識を呼び覚ましていきます。そして、技術革新の先にある人の在り方について模索し、JCIのネットワークを活かして歴史や文化、最先端の技術から生まれる様々な価値観を理解し、世界のあまねく発展を想い描く感性を磨いていきます。また、世界から見た日本や大阪について幅広い視点で学び、世界に圧倒的な期待感をもたらしている未来志向な人材と未来を見据え、次代を共に創造していく人びとと相互理解を深めていく意欲を高めていきます。さらに、何事にもとらわれずすべてを受け入れる日本人の心を世界に拡げ、身に付けた知識を経験へと昇華させ、たった一人の行動が有する無限の可能性を探求する使命感を醸成していきます。そして、歴史と技術、知識と経験の融合により新たな価値を生み出し、すべての人びとが物質的にも精神的にも幸福を追求できることを確信し、日本人が潜在的に有する未来を切り拓く力で人類の真の進歩と調和を実現する突き抜けた人材を生み出していきます。

 私たちは、国や地域への誇りをもち、人類を進歩させる技術を認識し、新たな価値を生み出す気概を携え、未来を明るく照らす使命感を有し、幸福を追求できる世界を次なる革新により実現する人材を創出し、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

未来志向発信委員会
委員長
才門 功作
委員会の担う運動と事業の進め方

 私たちは、日本や大阪の歴史や文化に関心を抱き、最先端の技術で持続的に発展する未来の姿を想い描き、未来志向な人材が有する様々な価値観を受け入れ、素直な心で世界を変革する気概を有し、次なる革新で人類に真の進歩と調和をもたらす人びとを創出します。

 そのために、住み暮らすまちが脈々と受け継がれてきた歴史と文化の集積により成り立っていることについて認識する機会を提供することで、自らを形成する精神性のなかに日本固有のアイデンティティが内在しているという意識を呼び覚ましていきます。そして、世界の持続的発展を可能とする取組みを最先端技術を用いて実践している人びとの先進的な思考に触れる機会を提供することで、物質的にも精神的にも満足感をもたらす理想の未来を独創的な感性で想い描く力を育んでもらいます。また、多種多様な文化や異なる社会情勢のもと育まれた未来志向な人びとが備える独創的な想像力と自らの価値観との融合を模索する場を創出することで、人びとに備わっている価値観には個性があり他者を受け入れる柔軟な思考で行動することが未来形成に必要であることを理解してもらいます。さらに、すべての人びとが豊かさを享受できる社会の実現には科学技術の進歩だけではなく人びとの互いに譲り合う精神が必要であることを体感する場を設けることで、古来から日本人が受け継いできた他者を思いやる精神性を世界に拡げていく使命感を有してもらいます。そして、既知と既知の融合により生み出される未来へのプロセスをリアルとバーチャルの融合で世界に発信する場を提供することで、世界を視野に自らの熱狂で人類に真の進歩と調和をもたらす志を圧倒的な期待感を与える突き抜けた行動力へと昇華してもらいます。

 私たちは、日本や大阪の歴史や文化に関心を抱き、最先端技術で持続的に発展する未来の姿を想い描き、素直な心で世界を変革する気概を携え、次なる革新で人類に真の進歩と調和をもたらす人びとを創出し、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

相互理解確立委員会
委員長
矢本 浩教
委員会の担う運動と事業の進め方

 私たちは、受け継がれてきた精神性に関心を抱き、技術革新の先にある人の在り方を模索する意欲を携え、次代を共に創造する人びとの価値観を理解し、素直な心を世界に拡げる気概を有し、物質的にも精神的にも豊かさをもたらす未来を実現する人材を創出します。

 そのために、脈々と受け継がれてきた日本の歴史や文化、社会の特徴について先人の実体験に基づく知識や理解に触れてもらう機会を提供することで、潜在的に有している過去から連綿と受け継がれてきた日本人としての固有の精神性を呼び覚ましてもらいます。そして、技術革新がもたらす過去そして未来の人びとの生活への影響について専門的な知識を有する人びとの先進的な見識に同世代の仲間と共に触れることで、物質的にも精神的にも豊かさをもたらす幸福な人の在り方について探求していく意欲を高めてもらいます。また、世界中の人びとと自らを取り巻く環境や背景となっている歴史や文化に関して互いに理解し合う機会を提供することで、価値観は育ってきた環境から影響を受けるものであり人それぞれ個性を持った異なるものであることを理解してもらいます。さらに、世界が直面している課題について同世代の人びとと共に異なる意見を受け入れる寛容な心で解決策を模索していく機会を提供することで、為すべきことをなす思いやりの精神性を日本人が有する素直な心で世界に拡げていく使命感を有してもらいます。そして、大阪のまちに住み暮らす人びとが一堂に会する場において次世代を創造していく人びととの議論により導き出した結果を積極的に発信できる機会を提供することで、人びとの未来に貢献する想いを響き合わせた協働から人類の真の進歩と調和を実現する行動力へと昇華してもらいます。

 私たちは、固有の精神性に関心を抱き、技術革新の先にある人の在り方を模索する意欲を携え、次代を創る人びとの価値観を理解し、素直な心を世界へ拡げる気概を有し、幸福な未来を実現する人材を創出し、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

渉外連携室

室長
村尾 尚太郎

副室長
小倉 康宏
室テーマ

世界を熱狂させる素直な心を拡げよう!

テーマの背景と室の担う運動

 大阪の未来が明るく照らされようとしている現在、日本や世界に存在感を発信してきた大阪青年会議所も、在り方を進化させる時を迎えています。今こそ、友好JCやシスターJCとより強く連携し、人類に真の進歩と調和をもたらす革新を生み出す組織が必要です。

 そのために、めざすべき理想の未来を想い描き、世界で起きる様々な課題に対し当事者意識を有し、受け継がれてきた目に見えないつながりを進化させ、より広域な連携で課題解決に挑む気概を持ち、地域や国境をこえて素直な心を拡げていくメンバーを増やします。

 私たちは、地域をこえて過去から紡がれてきた成り立ちと関係性を理解し、広域なつながりの中で育まれてきた功績を認識し、仲間と共に新たな時流を生み出していく意識を高めていきます。そして、様々な地域や国が持つ歴史と文化の違いを受け入れ、自らが生命の炎を燃やして果たすべき使命を見出し、次代を共に生きる同志と世界で起きている解決すべき課題に向き合う意欲を育んでいきます。また、多様な価値観を受け入れる日本人の素直な心を携え、互いが培ってきた強みの融合から新たな可能性を追求し、築き上げてきた連係から革新を生み出す連携へと進化させる責任感を湧きたたせていきます。さらに、国境をこえた同志と世界を変える明確なビジョンを共有し、共に想い描いた未来予想図に向かって青年らしい大胆な行動力をもち、次代を共に創造する連携から革新を生み出す挑戦を続けていく気概を醸成していきます。そして、誰にも負けない努力で新たな目標に向け一歩踏み出す志を抱き、理想のまちづくりと自分づくりの実現への想いを行動へと昇華させ、自らの素直な心で大阪や日本そして世界を熱狂させるメンバーを増やしていきます。

 私たちは、理想の未来を想い描き、世界の課題に対して当事者意識を有し、受け継がれたつながりを進化させ、より広域な連携で課題解決に挑み、地域や国境をこえ素直な心を拡げていくメンバーを創り出し、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

国内連携推進委員会
委員長
田中 克憲
委員会の担う運動と事業の進め方

 私たちは、過去から受け継がれてきたつながりを認識し、課題の解決に挑戦する使命感を抱き、互いの強みの融合から革新を創造する気概を醸成し、想い描いた理想を実現する関係性を構築し、新たな時流を生み出す素直な心を日本中に拡げるメンバーを増やします。

 そのために、先人たちが日本のより良い未来を想い描き連綿と紡いできた各地会員会議所とのつながりの成り立ちを学ぶ機会を提供することで、過去から受け継がれた仲間たちとの関係性の中に存在する目に見えない資産の無限の可能性に気づいてもらいます。そして、全国の青年たちが一堂に会する場において、めざすべき日本の未来に向けて直向きに突き進んでいる同志たちの活躍を知る機会を提供することで、世の中が抱えている様々な課題に対して誰にも負けない努力で挑戦を続ける使命感を持ってもらいます。また、友好を深めてきた仲間たちと互いが持ち合わせる地域の強みの共有から社会に革新を生み出す可能性について侃々諤々の議論を行う機会を提供することで、自らが住み暮らすまちから地域全体の発展に貢献する新たな価値を生み出す意欲を携えてもらいます。さらに、未来のために活動を続ける各地域のネットワークの活用から社会により良い変化をもたらす政策の協働を生み出す機会を提供することで、一人ひとりが持ち合わせる可能性の融合から理想の社会の実現に近づく連携へと進化させる行動力を養ってもらいます。そして、自らのまちや地域に新たな時流を生み出そうとする同志たちと共に紡いできた活動の軌跡をまちづくりと自分づくりに活用する機会を提供することで、まちの明るい未来を切り拓く地域をこえた連携の起点として素直な心で熱狂を日本中に拡げるメンバーをあふれさせます。

 私たちは、受け継がれた絆を理解し、課題解決に挑む使命感を認識し、強みの融合で革新を創造する気概を醸成し、理想を実現する関係を構築し、新たな時流を生む素直な心を日本に拡げるメンバーを増やし、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

民間外交推進委員会
委員長
出口 一馬
委員会の担う運動と事業の進め方

 私たちは、連綿と受け継がれてきたつながりを認識し、自ら未来を創造する使命感をもち、国境を越えた同志の多様な価値観を受け入れる寛容性を有し、広域な連携で人類に真の進歩と調和をもたらす気概を携え、素直な心で世界を熱狂させるメンバーを増やします。

 そのために、国際社会が抱えている課題の解決に立ち向かう仲間たちと共にめざすべき未来の世界の姿を共有する機会を提供することで、過去から連綿と紡がれてきた恒久的世界平和の実現に向けて歩み続ける国際的なつながりの存在に気付いてもらいます。そして、先人たちが築いてきた広域なネットワークを活用した世界を身近に感じることの出来る政策の発信を協議する場を創出することで、時流にとらわれることなく明るく照らされる未来を築きあげる青年として果たすべき使命を理解してもらいます。また、多種多様な価値観や文化をもつ仲間たちと一堂に会する場においてそれぞれの地域が抱える問題と具体的な解決に向けた活動に対する理解を深める場を設けることで、互いの国の歴史や文化から生まれる価値観の違いをありのまま受け入れるおおらかな寛容性を育んでもらいます。さらに、築かれてきたつながりを共通の目的の達成に向けて侃々諤々の議論から革新的な価値を生み出す新たなネットワークへと進化させる場を創出することで、世界中の人びとに豊かさをもたらす新しい価値の創造に挑戦を続ける行動力を湧き立たせてもらいます。そして、新たに創り上げた連携による地球規模の視点で取り組む活動で人類に真の進歩と調和をもたらす一歩を共に踏み出すステージを創り出すことで、日本人のもつ素直な心で世界中の人びとへ熱狂の連鎖を拡げていく組織の中核となるメンバーを増やしていきます。

 私たちは、受け継がれてきたつながりを理解し、未来を創造する使命感を醸成し、多様な価値観を受け入れる寛容性を有し、人類に真の進歩と調和をもたらす気概を携え、世界を熱狂させるメンバーを増やし、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

総務広報室

室長
中川 雅照
室テーマ

未来のために青年らしく熱狂しよう!

テーマの背景と室の担う運動

 大阪が再び熱狂しようとしている現在、まちの未来を明るく照らし続けてきた大阪青年会議所も、進化すべき時を迎えています。今こそ、社会の評価や時流を気にすることなく、青年らしい政策と大胆な行動力によって、まちに新たな時流を生み出す組織が必要です。

 そのために、過去から受け継がれてきた創始の志を受け止め、めざすべき理想の未来を想い描き、一人ひとりが誰にも負けない努力で己を磨き、同じ使命をもった仲間との幅広い連携が生み出す共感を拡げ、戦略的に270万人を熱狂させる人びとをあふれさせます。

 私たちは、まちがどのように発展してきたのかを理解し、自分たちがこの時代に生まれてきた意味と向き合い、常に素直な心で新たな課題に取り組んできた組織を受け継ぐ意識を高めていきます。そして、誰もが人生に熱狂する将来像を周囲の人びとと共有し、様々な価値観の中で自らの役割を認識し、まちづくりと自分づくりの両立に青年らしく正面から取り組む意欲を高めていきます。また、他者を幸せにするためにはまず自らの幸せを願う必要があることを理解し、人生に熱狂する使命感で青年らしい未来予想図を描き、自らの理想に向け一歩前へ踏み出す力を養っていきます。さらに、立場や価値観の多様性がもつ力強い可能性を理解し、より良い未来の実現へと侃々諤々の議論を繰り返し、立場の違いをこえた多様性からつながりを構築し、連携が生み出す新たな価値をまちに発信する気概を醸成していきます。そして、一切妥協のない挑戦と失敗を積み重ね、生命の炎を燃やして直向きに生きる姿で人の心を動かし、あらゆる連携の中で同じ理想を追う仲間と正面から向き合い、自らが理想とするまちの未来に向けて熱狂する人びとを創出していきます。

 私たちは、受け継がれてきた創始の志を受け止め、理想の未来を想い描き、誰にも負けない努力で己を磨き、仲間との幅広い連携が生み出す共感を拡げ、戦略的に270万人を熱狂させる人びとをあふれさせ、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

共感デザイン委員会
委員長
田中 昌浩
委員会の担う運動と事業の進め方

 私たちは、まちの成り立ちに関心を抱き、未来への一歩を踏み出すつながりを構築し、誰にも負けない努力で理想の実現に挑戦する使命感を有し、幅広い連携が生み出す新たな価値をまちに拡げる行動力を携え、共感の起点となって熱狂を拡げる人びとを増やします。

 そのために、時代の変遷に先駆けてまちへの想いを行動へと変えてきた人びとが一堂に会する場で先人たちが過去に刻んできた数々の足あとを知る機会を提供することで、積み重ねられてきた活動が多くの人びとの支えにより成り立っていることに感謝の念を抱いてもらいます。そして、より良い未来を創るための新しい発想を持続的に生み出す様々な価値ある連携の機会を創出することで、何事にも一切の妥協を許さず自らが率先して新しい取り組みに挑戦する意欲を育んでもらいます。また、多様な価値観の根底にある自らのまちを自らで創るという共通の想いを呼び覚ます最適な方法を模索する機会を幾度となく提供することで、潜在的に人びとがもつ公に貢献したいと願う意識を具体的な行動へとつなぐ機会を生み出し続ける使命感を高めてもらいます。さらに、多くの共感が得られる場において先人から受け継がれてきた財産に込められた想いは組織とまちを想う人びとの幅広い連携が生み出す新たな価値で進化することを認識する機会を提供することで、めざすべき理想と志を拡げる行動力を携えてもらいます。そして、時代の進歩と共にあり方を変えてきた努力の成果をそれぞれの時代背景に合わせ内外に向け戦略的かつ効果的に共感を生み出す機会を幾度となく創出していくことで、いつの時代においても社会を変革する意識をもってまちを牽引してきた組織の起点となって熱狂を拡げる創造力を醸成していきます。

 私たちは、まちの成り立ちに関心を抱き、未来へのつながりを構築し、理想の実現に挑戦する使命感を有し、連携が生み出す新たな価値を拡げる行動力を携え、共感の起点となり熱狂を拡げる人びとを増やし、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

総務財政特別委員会
特別委員長
坂 昌樹
委員会の担う運動と事業の進め方

 私たちは、新たな課題に取り組み続けた先人たちの想いを受け止め、めざすべき理想を多様性の中で共有する気概を携え、幸福を願う青年らしい大胆な行動力を有し、幅広い連携を変革の力へと昇華させ、まちの未来に向けて熱狂を拡げるメンバーをあふれさせます。

 そのために、時代ごとの先進的課題を解決すべく積極果敢に挑戦を繰り返してきた先人たちの志が自らの中に息づいていることを実感する機会を提供することで、理想とするまちの実現をめざして過去から受け継がれてきた普遍の想いを次代に贈り継ぐ意欲を高めてもらいます。そして、多様な価値観の内包を強みとして発信を行ってきた組織が一体となって実現すべきビジョンと個々のメンバーが果たすべき役割を共有する機会を数多く提供することで、組織の一員として自らの役割を果たしていく使命感を携えてもらいます。また、より良い未来を想い描くリーダーたちが集う場において組織が持つ可能性への期待感を最大限に高め合う機会を提供することで、周囲の評価にとらわれることなく自らの手で新たな社会の流れを生み出す力強い行動力を育んでもらいます。さらに、様々な立場の中でより良いまちをめざして努力を重ねる仲間たちと共に多様な価値観から生まれた想いを組織全体でまちを牽引する力へと束ね上げる機会を継続的に提供することで、数多くのつながりから自らを理想の姿へと発展させていく柔軟な創造力を養ってもらいます。そして、理想とするまちの姿の実現へ向かって諦めることなく挑戦をくり返した先に大きな変革をまちに実現した仲間たちの成果を互いに称え合う機会を提供することで、何事にも妥協することなく新たな挑戦へ向けて絶えず生命の炎を燃やしていく覚悟を醸成していきます。

 私たちは、先人たちの想いを受け止め、めざす理想を多様性の中で共有する気概を携え、青年らしい大胆な行動力を有し、幅広い連携を変革の力に昇華させ、まちの未来へ熱狂を拡げるメンバーをあふれさせ、BREAK THROUGH OSAKAを実現します。

PAGE TOP