公益資本主義の考え方に基づいた取組み事例紹介 Vol.18

~日本のおもてなし文化を外国人留学生に学んでもらう機会~

■ 取組み内容

彦根市にはアメリカのミシガン州立連合日本語センターがあり、毎年多くの外国人留学生が来日しています。
ホームステイでは日本のライフスタイルを肌で感じることができます。また、授業では茶道や書道など日本の文化を学ぶことはできます。
しかしながら、日本人の独特の精神であるおもてなしは受けることがあっても発することは難しいことです。
そこで、自社で企画・製造・販売しているひこにゃんグッズを通じて、留学生自らがインターンシップを通じて日本の仕事に携わることにより、
日本のおもてなし文化を学んでもらうことができる機会を提供しようと実施致しました。

■ 実施日時
毎年1月~3月 年に1度

■ 実施場所
滋賀県彦根市内

■ 主体企業/団体の概要
トラヤ商事株式会社(www.torya-shoji.co.jp
1953年に彦根で創業し学生服をはじめひこにゃんグッズ扱う総合商社です。
全国で初めて再生ペットボトル繊維を使用した学生服の販売を行うなど時代に即し本業を通じた社会貢献活動にも取り組んでいます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大阪青年会議所は、企業活動を支える、株主、経営者、従業員、顧客、取引先、地域社会の人びとが企業と共に成長できる未来を実現するために、
企業経営層の皆様へ「OSAKA BREAK THROUGH COMPANY」を推進していきます。

■OSAKA_BREAK_THROUGH_COMPANYへのご応募
参加費無料
まずは、下記URLからエントリーください!

https://goo.gl/KvGtTB

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

同じカテゴリの関連記事