『社会人講師事業』

開催日 2015年02月25日 時間 9時45分~
場所  大阪市立豊新小学校
 
 
2015年2月25日(水)9時45分より、大阪市立豊新小学校の6年生を対象として、『社会人講師事業』を実施しました。
1人目の講師は、大阪青年会議所OBの噺家・ふくふく亭小梅さん。
関西学院大学の現役の学生さんにも協力してもらい、漢字の話をしていただきました。
『夢』とは並大抵の努力では達成できず、努力を2つ重ねて『努努』でゆめと呼ぶことは皆さん知らなかったと思います。
また、関西学院大学の学生と大阪青年会議所のメンバーと豊新小学校の生徒が大きな声を出す大喜利を行い、
小梅さんの面白い演出で、会場は笑いに包まれました。

2人目の講師は南紀白浜アドベンチャーワールドのイルカトレーナーの武田さん。
イルカの生態、トレーナーとしての仕事、イルカの種類、マリンライブをするためにどうやって芸を教えるかなどの話をしていただきました。
イルカの種類で4メートル以上はクジラに分類されるということを初めて知りました。
また、芸を教える方法を豊新小学校の先生がイルカの役になり、武田さんが餌のかわりに飴をあげて実演していただきました。

社会人講師事業の意義、そして委員会が掲げている運動「人の役に立つ思いやりの心を子ども達に伝える」ことのできた授業でした。
2014年度としての社会人講師事業は今回で最後となり、4月から新たに2015年度の社会人講師事業が始まります。

最後に坂井委員長から2014年度のメンバーに感謝の花束が渡され、今年は新しい事に色々チャレンジしたいという所信をいただき事業を終了しました。

同じカテゴリの関連記事