【2020年度会員大会~共に社会を変える主人公となれ~開催報告】

12月23日(水)会員大会~共に社会を変える主人公となれ~をWEBにて開催いたしました。

本来であれば、12月7日(月)にリーガロイヤルホテル大阪にて実地開催予定でしたが、コロナウィルス感染拡大の影響によりYoutubeにて配信させていただきました。

まずは、この様々な事象が起こり、普段ならできることもできなくなってしまった怒涛の1年を常に前向きに牽引した小倉理事長より総括スピーチがあり、2020年度の大阪には大きな変化があり、年始は実地での開催ができた事業も、春以降はオンラインでの事業開催を余儀なくされたが、そこであきらめるのではなく、今、大阪青年会議所では何ができるのか、今だからこそできることを考え、献血事業や粋の祈りプロジェクトを開催することができ、粋都大阪の実現されたと語られました。

アワードでは、昨年は8年連続であった月例会皆出席賞を大きく更新し、10年連続月例会皆出席賞や、最優秀事業賞にはこのコロナ禍だからこそ何ができるのかを体現し、医療従事者への想いを灯篭にのせ道頓堀川に放流した「粋の祈りプロジェクト」が受賞しました。
「粋の祈りプロジェクト」は様々なメディアにも取り上げられ、また大阪ブロック大会でも新人育成部門で最優秀賞をとるなど多くの人びとに影響を与えることができました。

他にも女性活躍を中心とした事業、制限のある中でどれだけの成果を出すことができるか考え行動したメンバーに多くの賞が贈られました。

卒業式では、108名の卒業生の皆様におかれましては青年会議所を卒業後も、どのような状況でも自ら率先して行動し、多くの人びとの心を揺り動かす主人公として、共感の環を拡げるご活躍をご祈念申し上げます。

同じカテゴリの関連記事