【2021年度オンライン新年会 開催報告】

1月7日(火)17:30より「2021年オンライン新年会」を開催いたしました。

当事業は本来、OB諸兄姉と現役会員が一同に会する「新年名刺交換会」として例年開催しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大の現在の状況を鑑み、オンライン配信にて皆様に本年の方針を発表いたしました。

会の冒頭では、第71代理事長 村尾尚太郎君からスローガンである「Bridge to the Future~心懸け溢れる都市大阪の実現~」に向けての決意表明がありました。
そして、現在の世界、日本、そして大阪の情勢を含め、今のような時代の変化にあるときだからこそ、大阪青年会議所70年の歴史の中で受け継がれてきた想いを引き継ぎ、これからも新しい時代を誰よりも先駆け、持続的な成長を続けていくための活動をおこなっていくということを力強くお話されました。

また、大阪青年会議所特別顧問であり、2021年JCI(国際青年会議所)会頭を務められます小嶋隆文君からは、「ONE FUTURE」をテーマに全世界115カ国4662の各地青年会議所、約153,000人の青年会議所メンバーと共に、それぞれの地域に根ざした活動をおこなっていくこと、そして、持続可能な世界を実現するために活動されることをお話されました。

最後に、セネター会会長である山本博史先輩からは、現在のコロナ禍において、現役の会員が知恵を絞りあい大阪の発展に寄与する事業を構築してもらいたい。そして、活動自体も今までの膝と膝を突き合わして議論をおこない活動をするだけでなく、オンライン会議など使えるツールを最大限使って新しい青年会議所の形をこの機会に作ってほしいとのお言葉をいただきました。

今回の事業では、本来予定しておりましたプログラムを見直し、新たな試みとしてオンラインでの開催となりましたが、本年度の方向性をわかりやすく発信するとともに、オンラインの特性を生かしOB諸兄姉、現役会員へ発信することのできた事業となりました。

2021年度「心懸け溢れる都市大阪の実現」に向けて、全員が一丸となり活動を行って参りますので、大阪青年会議所をどうぞ宜しくお願いいたします。

同じカテゴリの関連記事